top of page

【活動報告】 “Intensives week”3日目「手巻き寿司と味噌汁」


皆様、こんにちは!NY de Voluteerです。

前回に引き続き、Leaders HSのIntensives week(校外学習)、水曜日に行われた「和食」の回の様子をお伝えしたいと思います!


手巻き寿司と味噌汁


3日目となる水曜日は和食や手巻き寿司について学び、美味しく頂く日です。本日先生となってくださるのはブルックリンにあるWasan Brooklyn(440 Bergen St, Brooklyn)にてオーナーシェフとしてご活躍している櫻井覚三郎氏。昨年のIntensives weekでもご協力くださった櫻井氏ですが、なんと2017年にはニューヨークで開かれた公式レセプションにて「ニューヨークのベストシェフ5の1人」にも選ばれた方。そんな櫻井氏のお料理を直接頂けるなんて、貴重な機会です。

今日の生徒たちのわくわく感は私たちが学校についた瞬間から伝わってきました。



まずは「お寿司の歴史」について事前にスタッフより用意していた動画を見てもらいます。

動画を見た後は櫻井氏による「桂剥きデモンストレーション」。包丁を使って、とてもきれいに食材を切っていく様子にみんな興味津々です。3日目ということもあり、"徐々に緊張がほぐれていく"生徒たちですが、櫻井氏による「桂剥き」は思わず静かに見入っている様子が印象的でした。味噌汁の作り方や、手巻き寿司の上手な巻き方も説明してくださいました。手巻き寿司の巻き方のコツは日本人である私たちも知らないことばかり。プロが巻いた手巻き寿司はこんなにも美味しそうなんだと私たちも見惚れてしまいます。



生徒たちも静かにデモンストレーションを聞いていましたが、いよいよ実食となり大喜び!!今回ご用意いただいた具材はこちらです。

サーモン、海老天、チキン天ぷら、カニカマ、アボカド、きゅうり、たくあん。食材についても1つ1つご説明してくださいました。


各テーブルに具材や海苔が運ばれていき、生徒たちは興奮が隠せない様子です。美味しそうな具材を目の前に素直に「わぁ~!!」と嬉しそうな顔を見せてくれるのは私たちもとても嬉しいものです。

 

この日大人気だったのは櫻井氏が事前に作ってきてくださったチキン天ぷらと海老天。みんな具材をたっぷり海苔に挟んで、大きな口をあけて頬張っていました。カメラを向けると自分の作った手巻き寿司を見せてくれる子も。「わさびは少しだけにした方がいいよ」とアドバイスするのに、興味津々でたくさんつけてしまい涙目になってしまう子。中には櫻井氏から直接手巻き寿司を作ってもらえるという貴重な経験ができた生徒も!!



味噌汁もその場で作ってくださり、生徒たちに配りました。出来立てほやほやの味噌汁はとても美味しかったようで、多くの生徒たちがおかわりをしていました。


櫻井覚三郎さん本当にありがとうございました。また朝早くから参加してくださったボランティアの皆さん、ありがとうございました。

 

これを機会に和食のおいしさを改めて知ってくれると嬉しいなと思った1日です。

そして和食を通して生徒たちのの笑顔が見られ、私たちも引き続き嬉しい3日目となりました。

(教室で集合写真を。3日目になると生徒たちの緊張もほぐれていったようです。)







 

 



Commenti


bottom of page