【活動報告】ニューヨークの高校でワクワク書道体験!? 〜Explore Japanese Culture〜

皆様、こんにちは!NY de Volunteer (NYdV) スタッフの大野哲平です。


12月13日、ブルックリンにあるLeaders High Schoolにて、2度目となるExplore Japanese Culture (EJC) プログラムを提供しました!


EJCは異文化との関わりが少ない子供たちに向けて日本文化を共有することで、子供たちの視野を広げるお手伝いをする活動です。前回は折り紙作りを紹介しましたが、今回のテーマは…


日本語で会話&書道体験をしよう」です!


前半は高校日本語クラスのお手伝いで会話練習をし、後半はお昼休みの時間を利用して書道体験会を開催しました。今回は4名のボランティアさんが参加してくださいました。運営スタッフを含めると合計9名で、高校生たちの学習をマンツーマンでサポートすることができました!


▼目次

学校周辺の様子

日本語の会話練習

書道の時間

最後に


学校周辺の様子

マンハッタン在住の方々とは42nd St-Bryant Park Stationで集合し、地下鉄に揺られて一緒に学校へ向かいます。学校の最寄駅は住宅街のすぐ近くにあり、ニューヨーク市のイメージからは想像できないほど落ち着いた場所です。可愛らしいお家に囲まれながら歩くことができ、とても癒されました!


学校に到着すると、看板がいくつか見えます。なんと、三つの高校が併設されている、日本ではあまり見かけない種類の施設でした!


日本語の会話練習

無事学校に到着したところで、先生から現在の「日本語クラス」について簡単な説明を受けます。「日本語クラス」は新しく創設された授業のため、生徒たちはオンラインで自主学習をしているとのこと。先生も日本語を話せないため、生徒たちにとって初めてリアルな日本語に触れる機会です。「上手く日本語を教えられるかな...」と少し不安が募ります。

 

しかし、授業が始まるとすぐにその不安は解消されました。一人一人の生徒が日本語に興味を持ってくれているため、自己紹介の練習をしたり「これは日本語で何と言うの?」という純粋な疑問に答えたりしているうちに、あっという間に授業時間が終わってしまいました!生徒たちも、教科書では学べない生きた日本語に触れられてよかったと言ってくれ、とても嬉しかったです!


書道の時間

そしてお待ちかねの書道タイム!20名ほどの高校生が集まってくれました。まずは団体代表の北川が「書き初めとは何か?」を紹介します。


そして、ボランティアとしてご協力くださった師範の小野様に書き初めを披露していただきました。


「川」」や「祭」などの漢字をパフォーマンスしていただき、生徒たちは初めて見るものに興味津々です。


初めて書道を体験した生徒がほとんどでしたが、私たちのサポートを通してどんどん上達していくのが印象的でした。



終盤には、自分の名前を漢字で表現した生徒たちも!皆さん、自分なりの形でそれぞれ書道を楽しんでくれました。


最後に

私自身、Leaders High SchoolでのEJCはすごく有意義な時間となりました。こちらが一方的に教えるだけでなく、高校生たちとの文化交流から学ぶことも多く、ニューヨークならではの経験ができたと感じています。ボランティアに参加いただいた方たちからは「楽しかった」「機会があればまた参加したい」などの声をいただけて、スタッフ一同喜んでおります!


EJCや他のボランティアに興味をもたれた方は、ぜひ他の投稿もご覧ください。また、メーリングリストにご登録いただくと、ボランティア募集のお知らせが届きます。皆さまとお会いできる日を楽しみにしております!


ボランティアに参加していただいた皆様


小野 裕子 様

三井 りつ 様

ゴリン 友理佳 様

他1名様

スタッフ

北川 静子

土井 純子

大平 亜里沙

阿部 実加

大野 哲平

(順不同)

最新記事

すべて表示

実際にどんな活動を行っているのか?や子どもたちを中心とした受益者の様子、ボランティアとして参加してくださった方の感想などをお伝えする活動記録は、これまでアメーバブログとはてなブログで発信してきましたが、今後はこちらのページよりお伝えしていきます! ただ過去のブログにも多くの活動記録が蓄積されており、そこに記されている子どもたちやボランティア参加者の笑顔は私たちの財産です。また、これからNY de